住まいの断熱・遮熱

住まいにおける夏の冷房、冬の暖房効果をより高めるためには部屋の断熱と遮熱が重要になってきます。

殆どの熱の入ってくる・出ていく場所は部屋の開閉部、特に窓から熱が逃げていく・熱が入ってくる量がとても多いです。

夏に冷房をかけている部屋に窓から入ってくる熱の量は全体の70%以上、冬に暖房をかけている部屋から窓を通じて逃げていく熱の量は全体の50%以上にもなります。

そのため、部屋の冷暖房効率を上げるには窓やドアなど開閉部の断熱・遮熱が非常に効果的です。

電気代の削減

ドアの断熱

ドアのすき間が開いているとそこから熱が流れてしまいます。

最も手っ取り早いのは、すきまテープを貼る事でしょう。
断熱効果による電気代の削減の他に、防音や防虫効果も期待できます。

あまりに立て付けが悪く、テープで補えない程度ならリフォームをした方が良いかもしれませんね。

窓の断熱・遮熱

最も手軽なのは、遮熱性の高いカーテンを取り付けることです。

日光の取り込みが不要なら厚手の遮光カーテンを直接窓側のレールに、そうでないならレースカーテンと合わせて遮熱性の高いものを利用しましょう。

カーテンと合わせてすだれ等を利用するのも効果的です。

テラスがあるのなら、特に夏場はオーニングよしずも良いですね。

もっと効果を上げたいのなら二重窓のリフォームがおすすめです。

リフォームと言うと高くつくイメージがありますよね。
値段は窓のサイズや間取りで変わって来るので一概には言えませんが、二重窓のリフォームは意外と安くて手軽な割に効果が高いので、一度業者に見積もりを取ってはどうでしょうか。

電気代の削減

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です