太陽光発電をしている家庭の2019年問題

今では太陽光発電を設置しているご家庭も多いですよね。
そんな皆様がいずれ直面する問題があります。

太陽光の2019年問題と言うのはご存じでしょうか?

太陽光発電を利用しているご家庭は、余剰な発電を売る事が出来ます。
この制度はFITという制度で10年間保証されています。

逆に言うと、設置から10年経ったら今まで通りには売れなくなるんです。
家庭用の太陽光発電が始まって、最初に契約満期になる家庭が現れるのが2019年11月なのでこれは2019年問題と呼ばれています。

放っておくとどうなるのか

家庭に太陽光パネルを設置し、太陽光発電を開始してから10年が経過するとFITの保証期間が終わります。

なので今まで売れていた電気が、今まで通りには売れなくなります。

そのまま放置しても特に負担になるような事はありませんし、計算上は10年間の太陽光発電にて設置費用も回収できているはずです。

ただ、せっかく発電した電気がムダになってしまうのは勿体ないですよね。

そこで採れる選択肢は大きく分けて2つあります。

電気を「売る」と「使う」です。

電気を売る

新たに電力会社と売電契約を結び、今までと同じように余剰な電力を売る方法です。

メリットとしては手軽にできる点があります。

デメリットとして数多くある電力会社を比較検討する必要があります。

電気を使う

例えば、家庭用の蓄電池やEV(電気自動車)などを購入してそちらに余剰分の電力を蓄える方法です。

この方法のメリットは、売るよりもずっと効率よく経費の削減が出来る事、災害などによる停電時により強くなれることがあります。

デメリットとしては初期投資が大きく、初期投資の負担と、それを回収するのにどれだけ掛かるかを計算する必要があります。

結局どうすればいいのか

金銭的に十分な貯えがあるのなら長期的な目線で見ると売電ではなく蓄電池などを購入設置した方がお得だと思います。

しかしながら個々の置かれている状況なども様々で一概に何が最適とは言えない状況です。

個人であれこれ調べて比較検討するのは非常に大きな労力と時間を必要とします。

そこでオススメなのがプロに相談する方法、どんな対策がいいのかだけでなくおすすめの業者なども教えてくれます。

太陽光のナコウドならプロに無料でFIT対策の相談に乗ってくれるので、補償期限が近付いているご家庭は一度相談してみると良いでしょう。
太陽光のナコウド相談窓口 > FIT対策でお困りなら【卒FITの相談窓口】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です