食器洗浄機

食器洗浄機の省エネ効果

食器洗浄機は手洗いと比べ、水の使用量がグンと減ります。
また、ガスを使わないのでガス代の節約も見込めるのがポイントです。

でも実際にどれくらい効果があるのか気になりますよね。

経済産業省によると、食器洗浄機の使用で年間に約8870円の削減が見込めます。
これなら高価なものを購入しても、数年で元が取れるのではないでしょうか

この記事では食器洗浄機の省エネ効果と使用の際のポイントについてまとめたいと思います。

水道代の削減

食器洗浄機

Amazonで検索 楽天で検索

節水効果

手洗いの場合と比べて、食器洗浄機を使用した場合、水の使用量を約1/5まで落とすことが可能です。

これだけでもすごい効果があるのが分かりますよね。
更により効率よく使用するためのポイントをまとめます。

洗剤は適量入れよう

取扱説明書をよく読んで、食器用の洗剤は適量入れましょう。

洗剤が少ないと汚れの落ちが悪くなりますが、多くても特に汚れの落ちは変わりません。
洗剤が勿体ないので、適量入れるのが大事です。

まとめ洗いしよう

カゴに入れる食器が多すぎると洗浄機が効果的に洗浄できませんが、スカスカでもそれはそれで勿体ないです。

出来るだけすき間の内容にある程度食器が貯まってからまとめて洗えば効率的に洗浄でき、省エネに繋がります。

落とせる汚れは予め落としておこう

残菜や小骨、食べ残しなど端で落とせる汚れを食器洗浄機に入れる前に予め落としておくことで効率的に食器を洗浄できます。

食器洗浄機の手入れも手間が減るのでおすすめです。

ガス代と電気代

食器洗浄機はガスを使わない代わりに電気を使って洗浄します。

なので一概に比較はできず正確な金額は出せませんが、トータルで見れば元よりも安くなっているはずです。

乾燥機能を使わないで更にお得に

エアコンのドライや衣類乾燥機、ドライヤーなど、何かを乾燥させる家電は大量に電気を使用します。

食器洗浄機も然り、食器を乾かすための乾燥機能で多くの電力を使う事になります。

逆に言えば、乾燥機能を使わなければ大量の節電に繋がるんです。

手洗いに比べれば拭くだけなら大した手間ではないですし、それも面倒なら洗浄後に扉を開けて放置するのがおすすめです。

洗浄の際にはお湯を使用するので、洗浄後にすぐに扉を開けておくとその余熱ですぐに乾きます。

その他メリット

省エネとは直接関係ないですが、自動的に洗ってくれるので時間の節約にも繋がります。

さらに、水に触れなくても済むので手荒れの心配もなく、ハンドクリームやケアに割く費用も減らすことができます。

食器洗浄機

Amazonで検索 楽天で検索
水道代の削減 ガス代の削減 電気代の削減

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です