電気代の削減

電気代の削減って今一つピンと来ませんよね。
小まめに消灯したりコンセントを抜いたりしても、それがどれくらい電気代の削減に貢献しているのか分かりませんし、そうなるとモチベーションも上がらず続きません。

ここでは電気代の節約のためにオススメの方法をご紹介します。

電気代

まずは電気を切り替えよう

2016年4月に行われた法律の改正により、電気の自由化が実現しました。
今では全国各地で様々な業者が参入し、低価格で新しいプランが続々と出ています。

日本国内に住んでいるのであればどんなに田舎であっても、アパートや集合住宅であっても電話一つで簡単に切り替えられるので、電気代を削減し、少しでも安くしようと考えた時に真っ先に検討する内容です。

電気自由化の仕組み

電力会社を切り替えたことのない方はまず停電や工事の心配をされるかと思いますが、実は切り替えても電気が届く仕組みは何一つ変わらないんです。
今まで通りの電線を使い、今まで通りの発電所から電気が送られてきます。

なので電力会社を切り替えたことによる停電などは絶対に起こり得ないのです。

唯一、電力メーターをスマートメーターに取り換える必要がある場合がありますが、これは殆ど全ての電力会社が無料で行っています。

ではなぜ電気代が安くなるかというと、簡単に言えば従来の電力会社(東京なら東電)からまとめて大量に電気を買って、それを小売りしているイメージです。

電気が家に届くまでの仕組みは今までと何一つ変わらず、今までと同じように利用して、電気の自由化によって今までよりも安く使用できるので安心して切り替えることができます。

切り替えのデメリット

しかし、電力会社を切り替えることによるデメリットが全くないわけではありません。

例えば切り替えた先の電力会社が倒産した場合は、次の電力会社と新たに契約するまでは一時的に割高の料金を支払う必要があります。
また、電線が切れて停電したり、家のブレーカーが壊れたりといった何らかのトラブルが起きた時のサポートは、基本的に切り替えた先の電力会社になります。

なのでいくら安いからと言って怪しい会社と契約すると、万が一の時に困るかもしれません。

でも上でも説明した通りどんな電力会社と契約しても、切り替えが原因で停電になったりはしませんし、逆に電線が切れたのが原因で停電した場合は、切り替えなかったからといって復旧が早まるわけでもありません。
なのでとりあえずは安心して切り替えて大丈夫です。

おすすめの電力会社

私が今おすすめしている電力会社は、「 親指でんき」です。

この電力会社は、ペットを飼っている家庭向けに「 わんにゃんプラン+夜中や夜明けまでゲームや作業をしている人向けに「 夜更かしプランなど様々なライフスタイルに向けたプランを提供しています。

大手なのでサポートもしっかりしていますし、ほぼ全国対応で店舗向けのプランや大容量のファミリープランなどもあり、気に入らなかった場合の解約手数料も一切掛からないので電力会社が決まらない・迷っている方にはこの親指でんきをおすすめしています。

今なら切り替えでAmazonギフト券3000円分が貰えるキャンペーンを開催しています!

現状の電気使用量を把握しよう

電気代はザックリ言って、「電力会社×電気使用量」で計算されます。
電力会社は上の項で説明したので、次に電気使用量を見ていきます。

電気使用量は、kWh(キロワットアワー)で表され、その電化製品の消費電力×使用時間で算出できます。

皆さんはご自身のご家庭で、月々どの程度電気を使用しているか把握していますでしょうか?
これは伝票を見ればすぐに分かるので、把握している方も多いかと思います。

しかし、どの家電がどの程度電気を使用しているかは把握している方はごく少数です。

何かを改善しようとした時に大切なのは、現状を把握する事です。これは節約にも同じことが言えます。
例えば小まめに消灯していた電気が実は殆ど電気を使用していなかったら、一年頑張って数円の節約にしかならないかもしれません。もっと言えばそれが蛍光灯なら小まめな消灯は返って電気使用量が高くなる場合すらあります。

そこで便利なのが「電力量計」です。
複数あれば便利ですが、とりあえずは1つ持っていれば十分だと思います。

一つ持っておいて、数日~1週間程度の期間で家中の各家電の電気使用量を計っていきます。
そして削れるものの内、電気使用量の多い電化製品から対策していくと効率が良いです。

対策後には忘れずに、もう一度電気使用量を計って、対策前と比較して効果を確認してくださいね。

電気代