Windows7を安全に利用するためのセキュリティ

2020年1月14日をもって、MicrosoftはWondows7のサポートを終了しました。

Windows7は非常に人気の高いOSでしたので、別れを惜しむ方も少なくありません。私の周りでも、ギリギリまで使用している人も何人かいるくらいでした。

そんなWindows7をこれからも使い続けるには、インターネットを始め外部との接続を絶ちローカル環境での使用に制限するか、自前でセキュリティを用意する必要があります。

そこでおすすめなのが、「Windows7フォーエバーSecurity」です。
ベクターで購入すると、定価の半額で購入できます。

ベクターの商品ページはコチラ > Windows7フォーエバーSecurity

Windows7フォーエバーSecurityとは?

Windows7フォーエバーSecurityは、その名の通りサポートが切れたWindows7を永久的に使い続ける事を目的としたセキュリティソフトです。

サポートが切れているのでMicrosoftからのセキュリティ更新は受けられず、そのまま使い続けると危険なWindows7搭載PCをこれからも愛用したい人におすすめです。

月額不要の永久型セキュリティ

更新ファイルがないので、初期費用のみ必要になり月々の費用は掛かりません。
1回購入したらそれで終わりという事です。

「更新ファイルが無いのなら、サポートが切れたMicrosoftのセキュリティと同じじゃないの?」と思われるかもしれませんが、このフォーエバーSecurityはサポートが終了したからこそ取れる方法でコンピュータウィルスの感染を防止しています。
その辺りの詳しい解説は Windows7フォーエバーSecurityのページに記載されているので確認してみてください。

ベクターで買えば50%OFF

買い切りのセキュリティソフトだから、購入費が高いんじゃないのかと思われるかもしれませんが、定価はたったの3999円、しかもベクターで購入すれば50%OFFの1980円で購入できます。

これだけの金額で永久的なセキュリティを手に入れられるのですから、破格と言っても過言ではないです。

セキュリティ性能も一通り揃っている

安いだけで性能が悪かったら意味がないですよね。
その点も Windows7フォーエバーSecurityならセキュリティソフトに必要な一通りの機能を揃えています。

ウィルスに感染しない事は勿論ですが、メールやUSBからのデータも監視してくれますし、怪しいファイルはGUIで分かりやすくユーザーに伝えてくれます。

なので安心してWindows7を使い続ける事が出来ますね。

そもそもセキュリティソフトを入れないと使えないの?

1/14日にWindows7のサポートが終了しました。
このまま使い続けるのは、セキュリティ面で不安が残ります。

どういうことかと言うと、セキュリティとウィルスはイタチごっこの関係にありセキュリティを突破するウィルスが現れると、セキュリティはそれを対策したものに更新されます。
しかし、サポートが終了した(=セキュリティの更新がない)と言う事は新しいウィルスに対応できなくなってしまうのです。

それを防ぐためにも何らかのセキュリティは必要になるという事です。

もちろんPCを使えるかどうかで言えば、ウィルスに感染するリスクを除けば今まで通り問題なく使えますが、相当な知識のある人でなければおすすめは出来ません。

なので、これからもWindows7を使いたいのであればセキュリティは必須と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です