通話料おすすめランキング

ビジネス/通話用 格安SIM比較の決定版

営業で、受付・問い合わせ用に、会社の人間に個人の電話番号を教えたくないなど、様々な理由でメインとは別に通話のみに利用するためのスマホを用意したい人も多いと思います。

以前は通話と言えば3キャリアのガラケー等が主流でしたが、2019年10月の通信と端末の分離化に伴う3キャリアの大幅なプラン見直しにて通話料金に差が無くなりました。

そこで本記事では通話に焦点を当てて、格安SIMの比較を行いたいと思います。

格安SIMとは?

そもそも格安SIMとは何なのかを説明します。ご存じの方は飛ばしてしまってください。

携帯電話やスマートフォンを契約しようとした時に、従来では3キャリア(au・DoCoMo・Softbank)のいずれかと契約するのが一般的でした。
そこに参入し現れた新たな選択肢が格安SIM業界です。

3キャリアはそれぞれが独自に全国に基地局を持っていて、それを利用する事で全国で通信を行えます。

格安SIM会社はこの基地局を持っていないので、何れかのキャリアの基地局を借りて通信を行うことになります。

  • タイプA:au回線
  • タイプD:DoCoMo回線
  • タイプS:Softbank回線

つまり例えばタイプDの契約を格安SIM会社と結べば、DoCoMoと全く同じ接続状況となるわけです。

なんで安くなるの?

格安の電力会社と似たような理屈で、格安SIM会社は3キャリアからまとめて大量の通信容量を購入します。更に無店舗型などで人件費を減らし、通信容量を小分けして僕たちの元に提供しているイメージです。

通信速度は遅くなるの?

なります。少なくとも3キャリアよりも早くなる事は絶対にありえませんし、格安SIM会社は全てのユーザーの通信量を購入した通信容量以内に抑えないといけませんので、通信速度が落ちるのは多少は目をつぶらなければいけません。(あくまで「3キャリアと比べて」です)

ここまで知れば、各企業の提示する理論上の最大通信速度が3キャリアと同じになり、その数値には全く意味がない事がお分かりいただけると思います。

格安SIMのメリット・デメリットまとめ

格安SIMのメリットは、その名の通り通信費を安く抑えられる点です。

デメリットは人に依りますが、上に挙げた通信速度の他に「キャリア決済が出来なくなる」「慣れないと初期設定が分かり難くて面倒」などがあります。

通信速度は通話がメインなら大した障害になりませんし、キャリア決済も利用しない人は全く縁のない話なので、人によってはデメリットは無いと言えますかね。

また、3キャリアと比較すると通話料金が高い(20円/30秒)傾向にありましたが、2019年10月の端末と通信の分離化の影響で差は無くなりました。

利用までの流れに関しては以前の記事を参照していただければと思います。↓

BIGLOBEモバイルへの乗り換え方法まとめ

比較するポイント

格安SIMを通話をメインで利用する際に見るポイントは主に以下の4点です。

  • 基本料金
  • 通話料金
  • かけ放題オプション
  • 無料通話オプション

一つずつ説明していきます。

基本料金

SIMを利用するための料金です。
通話がメインならデータ容量を抑えたプランが選択可能で、基本的に3キャリアよりもずっと安くなります。

通話料金

格安SIM会社も3キャリアも通話料金基本的に20円/30秒となっています。

ただ、格安SIMによっては専用の通話アプリを提供している所もあり、これを利用する事で9円/30秒で通話することが可能です。
さらに後述のオプションを上手く使えばとても安くなります。

かけ放題オプション

「○○分かけ放題」などと記載されていて、例えば5分であれば5分以内の通話は何度でも無料となるオプションです。

例えば、個人経営や自営業などで短い電話のやり取りが頻繁にあったり、サービスの受付がメインでたまに顧客に確認の電話を入れるようなケースだと実質かけ放題になりこのオプションが輝きます。

無料通話

毎月○○分といった形で無料通話が付きます。

通話料金一覧表

通話をメインに利用する際に必要なポイントを一覧にまとめました。

※特に記載のないものは全てひと月の料金です。

サービス 基本料金 通話アプリ かけ放題プラン
○○分以内の通話無料
無料通話 データ容量 備考
DoCoMo
ケータイプラン
1370円 なし(20円/30秒) ∞/1700円
5分/700円
なし 100MB ガラケーのみ
BIGLOBEモバイル
1ギガプラン
1400円 あり(9円/30秒) 3分/600円
10分/830円
60分/600円
90分/830円
1GB
U-mobile
ダブルフィックス
1480円 あり(10円/30秒) なし 60分/800円 1GB 通信量が1GBを超えた場合は基本料金1780円
最低6ヶ月の縛りあり
LIBMO
ライトプラン
1180円 なし(20円/30秒) 10分/850円
かけ放題ダブル/1300円
30分/880円 なし ※かけ放題ダブル:通話料上位3番号無料&10分かけ放題
※このページのリンクから1年縛りにすると1000円×6ヶ月割引
リペアSIM
1GBプラン
1280円 なし(20円/30秒) 10分/850円 なし 1GB ※1年縛りにすると1000円×3ヶ月割引
OCN モバイル ONE
1GBプラン
1180円 あり(10円/30秒) ※10分/850円
トップ3かけ放題/850円
かけ放題ダブル/1300円
なし 1GB ※10分かけ放題:550円×12ヶ月割引(条件なし)
※トップ3かけ放題:通話料上位3名無料
※かけ放題ダブル:通話料上位3名無料&10分かけ放題
ロケットモバイル
神プラン
948円 なし(20円/30秒) なし なし なし ※auは1068円
エキサイトモバイル
最適料金プラン
1200円 なし(20円/30秒) なし なし なし
DTI SIM
1GBプラン
1200円 なし(20円/30秒) 10分/820円 なし 1GB
J:COM MOBILE
0.5GBプラン
980円 なし(20円/30秒) 5分/850円 なし 0.5GB 端末同時購入が必要
@モバイルくん。
500MBプラン
1200円 あり(10円/30秒) 10分/1000円
かけ放題ダブル/1500円
なし 0.5GB 12ヶ月縛りあり
※かけ放題ダブル:通話料上位3名無料&10分かけ放題

結局どれが安いの?

上の表を見てご自身で選ばれても良いですし、サラッと「結論だけまとめろ!」と言う方のために通話傾向別におすすめの格安SIMを紹介します。

長時間の通話が殆どない人

例えば営業やサービス受付用の電話で短時間の通話が頻繁にある人は、かけ放題プランのある格安SIMがおすすめです。

おすすめ格安SIM トップ3

LIBMO

1030

20

音声通話SIMと10分かけ放題を同時に申し込むことで半年間1000円引きになります。(※上のリンク先のページ限定です)しかも、その期間が終わっても2030円/月と非常に安くなっています。端末の同時購入も可能!

OCN モバイル ONE

音声対応SIMと10分かけ放題を同時に申し込むことで1年間550円引きになります。しかも、その期間が終わっても2030円/月と非常に安くなっています。端末の同時購入も可能!なんと端末価格1円のものもいくつかあり端末を一緒に買いたい人も安心!

J:COM MOBILE

1830

20

かけ放題が5分で端末の同時購入が条件ですが、キャンペーンではないのでずーっと1830円/月で使えます。
しかも「J:COM TV」または「J:COM NET」を利用している人ならキャンペーン適用で実質無料で端末購入が可能!そうでなくともキャンペーンを除いた純粋なランニングコストは一番安いので、通話が5分で収まる、または多少はみ出す程度なら一考の余地があるでしょう。

ビジネス/通話用 格安SIM比較の決定版」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です