初期費用なしの太陽発電【ソーラーリーシング】

太陽光を利用しての発電は、戸建やマンションなどの物件をお持ちの方なら一度は考えたことがあると思います。

しかし問題となるのは初期費用、ソーラーパネルを設置したは良いものの、数十万円もする初期費用を回収するには何年かかるかわからない。
そもそも故障や不具合で回収できない可能性もある。

そういった不安からソーラーパネルの設置を見送ってきた方も多いと思います。

そこでオススメなのが、高額な初期費用が不要になるジャパン電力のソーラーリーシングです。

初期費用ゼロ円、修繕費もなし!

ジャパン電力のソーラーリーシングは初期費用は勿論、月額費や契約金なども無いですし、故障や点検の際の修理費用・普段の修繕費も一切掛かりません。

どういう仕組みかと言うと、物件の所有者が屋根を貸し出し、そこにジャパン電力がソーラーパネルを設置しているんですね。

つまりソーラーパネル自体はジャパン電力の所有物となるので、その辺りのコストは不要(ジャパン電力負担)となっているんです。

ソーラーリーシングのメリットは?

ソーラーパネルが個人の所有物にならないのならメリットも薄いと思われるかもしれません。

しかしその点は十分にメリットがありますので安心してください。

まずは災害時への備えとして機能するのが大きいですよね。

電線が切れ、長期の停電になっても太陽光から発電してくれるので、被災しても電力をある程度まかなえます。

そして発電量の一部が電気代から差し引かれます。
もちろん自分でソーラーパネルを設置した場合と比べると見劣りしますが、リスクが無いので完全にプラスになります。

さらに、契約満期(10年間)で設置したソーラーパネルの所有権が貰えます。

当然その際の費用なども特にありませんし、そうなれば発電量の100%が電気代から差し引かれますので圧倒的にお得になります。

申し込みの条件

マンションやアパート、戸建問わず、新耐震基準を満たしている物件の所有者である事が前提条件です。(分譲契約は不可)

それを踏まえた上で、屋根の設置面積や屋根の向き、気候条件等がいくつかありますのでまずは見積もりを取ってみましょう。

電気代も安くなる

ソーラーリーシングを利用する際には、電力会社がジャパン電力との契約となり特別価格での電力提供となります。

どれくらい安くなるかは今利用している電力会社や地域によっても違いますので一概には言えませんが、月々の電気料金が1万円なら約1500円程度の電気代削減が見込める程度みたいです。

ソーラーでの発電と電気代の特別料金、2つの相乗効果で更に電気代が安くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です