一軒家の方必見、100万円貰えるチャンス

一軒家にお住まい、あるいはアパートやマンション、ビル等をお持ちの方で火災保険に加入している方に朗報です。

特にその物件が築5年以上経っている場合、大半の方が火災保険を受け取り損ねているとの結果が出ています。

お家の保険相談センターさんで無料で調査出来るので、ぜひ試してみてください。

火災保険の範囲

「火災保険」って言うくらいですから、家事やボヤ騒ぎでも起こらないと保険が下りないと思っている方は意外にも多くて驚きました。

契約内容によって適用範囲に差異はあれど、実は火災保険は物件そのものや中の家財がダメージを受けた時に申請する事が出来ます。
その原因が火災である必要はありません。

当然、作為的なものは論外ですが、基本的には地震を除く他の自然災害(台風・落雷・豪雨など)によって物件に損傷があれば適用されます。もちろん火事も対象です。

経験ある方もいらっしゃるかもしれませんが、「アパート等で風呂や洗濯機などの不注意が原因で水があふれ、下の階の部屋が水浸しになってしまった」という話はまま聞きますよね。

この時に下の階に住む住民のTVや冷蔵庫が壊れたり、家具が傷んでしまった時は弁償しなければいけませんが、ここでも火災保険が適用できます。

申請し忘れてるかも

こういった災害に適用される事を知らないと、申請せずに自分で直してしまったり放置したり、場合によっては損害に気が付いていないケースも意外と多々あります。

しかし、自分で調査しようにも過去に遡ったり屋根に上ったり、その上で適用されるかどうか調べていては大変ですよね。
外壁だけでも一苦労です。

そこでおすすめなのがプロにお任せする事です。

危険な作業もやってくれますし、調査漏れもありません。
何より無料で調査してくれるので安心して依頼できます。

デメリットはない?

調査は無料で、適用されれば保険金が貰えて良い事尽くめですが、プロに頼むのですからもちろん費用は必要になります。

それは保険金が下りた場合にのみその一部を支払うという成果報酬型です。

それを踏まえれば、自分でやった方が得にはなりますが膨大な労力が必要になりますし、絶対にマイナスにはならないので個人的にはお任せした方が良いと思います。

仮に保険金が下りなかった場合でも、それは物件が安全である事の証明になりますしその場合は費用は一切掛かりません。

平均100万円貰い損ねてる?

お家の保険相談センターさんに依れば、築5年以上経っている物件の約70%は平均して100万円の保険金を貰い損ねているそうです。

例えば、大規模な災害に遭わなくても雨が降っただけで屋根を確認する人はいないですよね。

築5年もすればそういった見えない問題が蓄積していって、どこか悪化している可能性が多いんでしょうね。

そういった損傷は、それ自体は大したことは無くてもいつか重大な損傷につながる恐れもありますし、早期発見できれば対策費用も安くて済みます。

先ほども言いましたが、問題なければそれはそれで家の安全を確認できますし費用も掛かりません。なので、ぜひ一度確認してみる事をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です